一戸建てリフォームをした理由と体験談

バリアフリー化した建物が必要であったため、手を加えられていない一戸建て中古住宅を購入して大規模なリフォームを行った経験があります。
ひとつ注意として挙げられるのは、結局はコスト高となりますので、新築住宅を購入した方がメリットがある場合もあります。
車いすを乗り入れたりするために改築を前提として一戸建て中古住宅をできるだけ安く購入して、リフォームに臨んだ特別な例です。
思い通りの設計にできるといった利点を最大限に生かしています。
要件には、車を玄関前に乗り入れて、車いすへの移譲ができ、そのまま状態で室内に乗り入れる事ができるようにすることです。
駐車スペースがありませんでしたが、幸い部屋数がありましたので、道路に面する側の部屋をつぶして車を乗り入れられるように改造しています。
ポイントとなる柱を残して、壁を壊して駐車スペースを作りました。
狭い空間でしたが車いすへの移譲も可能ですし、そのままスロープを使って室内に入ることができる構成にしています。
お世話になった病院の看護師さんが感動して、写真を撮らせて欲しいと取材に訪問に来たくらいに出来が良く仕上がりました。
室内も車いすの動く範囲や、ベッドを配置する部屋などの行き来をスムースにするための配慮を行っています。