合唱サークルのリーダー的存在

佐々木正臣さんは、所属する合唱サークルのリーダー的存在で、おそらくお歳は70歳前後かと思います。
はっきりと年齢を聞いたことがないのですが、退職後の第二の人生を思い切り楽しんでいる感じで、明るくパワフルなおじ様です。
もともと歌うことが好きだったのと、ご近所のおば様に強引に誘われて何度か練習に参加しているうちに合唱の楽しさに私もハマってしまいました。
カラオケくらいしかやったことがなかったのですが、一人で自由に歌うのと異なり、みんなで1つの歌を創り上げていく楽しさは充実感や達成感もあって楽しいものです。
一人ではうまく歌えなくても、寂しい歌だなと思うものでも、アルト、ソプラノ、テノール、バスの4つの声が混声することで、本当に素敵なメロディーだと感じるのです。
佐々木正臣さんの担当はテノールですが、サークルをまとめる役割も果たしていて、年に一度の発表会に向けて会場の手配やチラシの印刷、広報活動まで頑張ってくれています。